遺伝

遺伝

薄毛やハゲになってしまうのは、<遺伝>も大きく関係していると言われています。

その理由はハゲや薄毛で悩んでいる男性ホルモンの一つに「ジヒドロテストステロン」というホルモンがあるのですが、このホルモンの量などは個人差があるからです。

大体思春期を過ぎてくると、テストステロンという男性ホルモンが多く分泌され、そのテストステロンには脱毛を誘発する作用はありませんが、分泌されているテストステロンの一部が酵素によってジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンに変換され、これが毛母頭細胞の男性ホルモンの受容体に作用して脱毛物質が産生され、抜け毛や薄毛を加速させてしまうんです。

このジヒドロテストステロンは、組織の中に存在している5αー還元酵素という酵素によってテストステロンから変換され作られるのですが、この5α還元酵素の量が多い人ほど、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されやすく、薄毛やハゲなどの男性型脱毛症になりやすい傾向があるのです。

この5αー還元酵素の働きについて、遺伝が強く影響していると言われており、家系に薄毛の人が多かったりすると遺伝によってハゲやすいような傾向があるという可能性があるそうです。

ですが、テストステロンが強力型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換されて、男性型脱毛症を引き起こす可能性が高かったとしても、男性ホルモンの受容体の感受性によって、その影響は大きく異なっているそうです。
やハゲになってしまうのは、<遺伝>も大きく関係していると言われています。

その理由はハゲや薄毛で悩んでいる男性ホルモンの一つに「ジヒドロテストステロン」というホルモンがあるのですが、このホルモンの量などは個人差があるからです。

大体思春期を過ぎてくると、テストステロンという男性ホルモンが多く分泌され、そのテストステロンには脱毛を誘発する作用はありませんが、分泌されているテストステロンの一部が酵素によってジヒドロテストステロンという強力な男性ホルモンに変換され、これが毛母頭細胞の男性ホルモンの受容体に作用して脱毛物質が産生され、抜け毛や薄毛を加速させてしまうんです。

このジヒドロテストステロンは、組織の中に存在している5αー還元酵素という酵素によってテストステロンから変換され作られるのですが、この5α還元酵素の量が多い人ほど、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されやすく、薄毛やハゲなどの男性型脱毛症になりやすい傾向があるのです。

この5αー還元酵素の働きについて、遺伝が強く影響していると言われており、家系に薄毛の人が多かったりすると遺伝によってハゲやすいような傾向があるという可能性があるそうです。

ですが、テストステロンが強力型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換されて、男性型脱毛症を引き起こす可能性が高かったとしても、男性ホルモンの受容体の感受性によって、その影響は大きく異なっているそうです。

スポンサーリンク

遺伝 関連ページ

男性ホルモン
薄毛の原因として<男性ホルモン>というのをよく聞くかと思いますが、そもそもホルモンの働きというのは一体どのよう […]
老化
最近<アンチエイジング>という言葉をよく耳にしますが、アンチエイジングは老化を防いで若返ることを目指す「抗加齢 […]
ストレス
ストレスが体に悪いということは、皆さんご存知だと思います。 最近日本人に増えているうつ病も、ストレスによるもの […]
頭皮の汚れ
顔のお肌は見える部分だしとても気にするけれど、頭皮についてあまり深く考えていない方が殆どだと思います。 お顔の […]
食事
食事と薄毛ってあまり関係がないように思われるかもしれませんが、実はとっても深い繋がりがありますし、薄毛予防をし […]
運動不足
髪の健康は頭皮だけで維持されているのではありません。 疲れが続いていたりすると髪がパサついたり、抜け毛が多くな […]
生活習慣
一昔前までは”ハゲは遺伝だ”ということが定説でしたが、最近の研究ではそれだけが原因ではないということが分かって […]
帽子
私は子供のころ、”帽子を被るとハゲる!”と信じていました。 周りにもそう信じていた人が多かったように思いますが […]
皮膚ダニ
想像するとちょっと怖いですが、人間の皮膚に生息するダニが存在することをご存知ですか? ほとんど全ての人間に顔ダ […]
パーマ・縮毛矯正・カラーリング
最近ではほとんどの人がカラーリングやパーマ等のヘアアレンジを楽しんでいますね。 サロンでやってもらわなくても、 […]

トラックバックURL

https://fusafusafusa.org/nukege_usuge_genin/iden/trackback/