更年期障害

更年期障害

実はあまり知られていない事ではありますが、薄毛は更年期障害によっても薄毛になることはあります。

女性の薄毛はホルモンのバランスの乱れから起こることが多いです。

更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因ですから、薄毛に直接関係していると言うことが出来ます。

更年期と言うのは50歳前後の女性に多く見られる、閉経によるホルモンバランスの乱れにより、体調が悪くなることを言います。

体温調節が出来ない事であったり、すぐに風邪を引いてしまったりと言った症状が出るのです。

それだけではなく、更年期障害は薄毛を引き起こすこともあります。

更年期障害になると女性ホルモンが減ってしまいますから、その分男性ホルモンが増えます。

これが女性の薄毛を進めてしまう大きな原因です。

更年期障害は年齢とともに表れますから、防ぎようがありません。

しかし、諦めるのは非常に早いとしか言いようがありません。

女性ホルモンによく似ていると言われるのが大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンを摂取する事によって、女性ホルモンを補うことが出来ます。

これで更年期障害による薄毛は改善させていく効果が期待できます。

まずは自分の薄毛の原因が何であるのか突き止めることが大切です。

更年期障害によって起こる薄毛の場合、更年期障害の症状が薄毛だけである事は非常に少ないです。

ですから、まずは通院し更年期障害であるかどうか確認して見る事が非常に必要です。

更年期障害であると分かったら、医師に相談する事によってホルモン治療も行えます。

それが、薄毛の改善に繋がる場合もあるのですから嬉しいですね。

スポンサーリンク

更年期障害 関連ページ

冷え性
薄毛の原因として考えられるのは、冷え性でもあるのです。 冷え性は血行不良を引き起こしてしまうのです。 頭皮が日 […]
ダイエット
ダイエットを試みたことのある女性は多いと思いますが、実は、ダイエットも女性の薄毛に大きな影響を与えているのです […]

トラックバックURL

https://fusafusafusa.org/jyosei-genin/%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e9%9a%9c%e5%ae%b3/trackback/