植毛

植毛

薄毛対策として、植毛があります。

植毛とは名前の通り、毛を頭皮に直接植えつけていくというもので、実はこの植毛技術というのは海外ではなくて日本で誕生した技術なんですね。

それが今アメリカに渡り進化し続け、今では全世界に植毛という技術が広がっているんです。

植える毛のタイプが人によって違っていて、「自毛植毛」「人工毛植毛」とに分けられていて、植える方法によっても「手植え植毛」と「自動植毛機植毛」とに分けることが出来るんです。

頭皮に毛を移植していき、毛根を再生させることが植毛の目的ですから、育毛・増毛などと違って医療行為にあたるので植毛に興味のある方は医師に相談する必要があります。

自毛植毛は男性ホルモンの影響を受けずに、薄毛になりにくい後頭部・側頭部などの自分の髪の毛を薄毛の部分に植毛する方法で、生きた健康毛を再生させます。

人工毛植毛は、毛髪素材を薄毛の部分に植えつけていくので後頭部などの髪の毛を採取する必要はないのですが、頭皮へのダメージがあるようです。

自動植毛機は、コンピューターを搭載している植毛機をつかって植毛していくもので、現在アメリカですとこれを使用しているクリニックはほとんどないようです。

手植えは高度な技術を有している看護師が、丁寧に1本1本植毛していくもので、手作業ですからアナログ感があるかもしれませんが、最新技術と人のきめ細かな感覚によって、現在では最も進んでいる技術とされています。

スポンサーリンク


トラックバックURL

https://fusafusafusa.org/syokumo/syokumo_top/trackback/