分娩後脱毛症

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症は別名を「産後脱毛症」といい、名前の通り出産を終えた女性のみに見られる、抜け毛症のことで多量に抜け毛が見られるのが特徴です。

毛髪が抜け落ちてしまったり、髪質が細くなってしまうなどの症状が、出産後に突然発生し、おびただしい抜け毛を生じることもあるので、驚いてしまう方が多いです。

分娩後脱毛症の原因は、出産による女性ホルモンの働きの変化によるもので、妊娠中は体内で女性ホルモンの働きが増加しており、本来抜け落ちるべき髪の毛が抜け落ちないまま成長してしまうという現象がおこっているんですね。

この女性ホルモンの増加というのは妊娠中だけですので、出産を終えると当然女性ホルモンは通常の量にまで戻るんです。

そのために、妊娠中に女性ホルモンの働きによって活かされ続けていた髪の毛が一気に抜け落ちてしまうので、大量の抜け毛が発生するということなんです。

ですから分娩後脱毛症には、ほんらい治療の必要性はなく、産後半年~1年ほどで自然と症状が治まっていくので他の種類の抜け毛・脱毛症に比べるとあまり心配するようなことではありません。

ですがやはり、あまりに大量に髪の毛が抜け落ちるときであれば薄毛の状態が気になってきてしまいますよね。

そんな時は、早期回復のためにもカルシウム・たんぱく質など髪の毛に必要な栄養分を多めに摂取するように心がけてみてください。

また高齢出産の場合は通常よりも回復が遅いといわれていますので、こちらは自然回復を待っているよりも、育毛サプリメントなどで必要な栄養素を補給するなどして積極的に回復に努めるようにしましょう。

スポンサーリンク

分娩後脱毛症 関連ページ

円形脱毛症の原因・種類・治療法
Contents1 円形脱毛症の原因2 円形脱毛症の種類2.1 ①単発型円形脱毛症2.2 ②多発型円形脱毛症2 […]
脂漏性湿疹
脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)は、皮脂腺が発達していて皮脂の分泌が多い部分に発症する皮膚炎です。 頭皮でしたら脂っ […]
びまん性脱毛症
びまん性脱毛症、AGAとは対象的に女性特有の脱毛症のことで、症状としては頭髪全体が薄くなってしまうことです。 […]

トラックバックURL

http://fusafusafusa.org/nukege_usuge_syurui/bunbengo/trackback/